メニュー

オススメサイト

バイアグラの効果・効能

性欲はあるのに興奮しても勃起しない、勃起しても十分に硬くならない長続きしない、このようなことが気になってはいませんか?
ED(勃起不全・勃起障害)は、人にはなかなか相談しにくい症状ですが、悩んでる人は多く、1998年の調査で、EDの日本人男性はおよそ1130万人にものぼるとわかり、年齢が上がるとともに割合が増えています。
ここではそのEDの治療に用いられる薬のバイアグラについてご紹介します。
最初に開発され発売されたED治療薬がバイアグラです。最も有名で最も利用者が多いのもこの薬で、陰茎の勃起を妨げる酵素の発生を抑え、海綿体への血流を増加させる働きを持つ環状グアノシン一リン酸の形成を助ける効果があり、服用する人の体質やコンディションにもよりますが、平均して服用から30分程度で効果が出始め、持続する時間は5時間~6時間といわれています。
また、特性として、食事の影響を受けやすいというものがありますので、できるだけ空腹時に服用することが望ましいとされています。
主な副作用として、顔のほてり、目の充血、頭痛、光を過敏に感じて色が変に見えるといった症状があります。
これらは血管が広がり、血流が急に良くなることで起こる症状ですが、深刻なものでなく、多くは一時的なものです。
頭痛がひどいようであれば、ロキソニン等の頭痛薬を使用されても問題ありません。
容量・用法をしっかりと守っていれば深刻な副作用を心配する必要はありませんが、どうしても気になる症状がでるときは必ず医師にご相談ください。
購入するには、EDの治療を行っている病院を受診して処方してもらう必要があります。
服用方法が悪かったり、精神、身体的な問題を抱えていたりすると効かない可能性があります。また、年齡によっても効かないということも考えられるので、効かない場合も専門のクリニックなどで相談するようにしましょう。
一口にEDといってもその原因や治療方法はさまざまです。
精力剤や食事で治る、この程度なら自分はEDではないといった根拠の薄い自己判断は、回復を長引かせることにつながります。
現在ではED治療薬やその診断基準の進歩もあり、早期治療ができればより早く直すことも可能です。不安や不調を感じたら早めに病院で診察を受けましょう。
EDについて正しく理解し、症状に応じた治療を受け、パートナーとのより良い関係を気付いていきましょう。